お金借りる!即日で今すぐお金が必要な時は?

今すぐお金が必要で即日お金借りる場合、一体どのようにして借りればいいのか?また、今すぐお金が必要な時の対処法や解決策についてもまとめてみました。

学生がお金を借りるため必要な条件!未成年は借りれる?

   

今すぐお金が必要という時、学生がお金を借りるにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は学生がお金を借りるための条件や方法について解説していきます。

アルバイトをしていなければ学生は借りれない

カードローンを利用するには働いて安定収入がないといけません。

ですから学生がカードローンを利用するにはアルバイトなどで収入を得ていないといけないということになります。

カードローンは無担保無保証人ですから、利用する本人に十分な資力がないといけません。

アルバイトの収入だけで審査に通るの?と不安に思うかもしれませんが特に問題ありません。

高額な収入がないと審査に通らないと思っている方も多いですがカードローンの審査においては収入は金額よりも安定性が重視されやすいです。

定期的な収入があればアルバイト学生でもカードローンの診査に通るのはそう難しい話ではありません。

学生ですからローンを組まれている方は少ないかと思います。

その一方でクレジットカードは比較的所有されている方が多いように見受けられます。

クレジットカードを普段使っているという場合は、返済の延滞や遅れがないか注意してください。

ローンの審査ではクレジットカードや他社ローンの返済履歴はかなり重要視されますので、もし返済延滞をしているとなると審査に通るのは難しくなります。

高校生や未成年は絶対に借りれません!

クレジットカードや一部の学生専用のローンであれば18歳19歳の未成年でも利用できるものもあります。

しかし銀行や大手消費者金融のカードローンで未成年でも利用可能なものは先ずありません。

では何故未成年がカードローンを利用することが出来ないのでしょうか?

殆どの金融機関で未成年の申し込みを断っているのは法的な理由がかなり大きいです。

民法第5上によれば未成年が契約をする場合は親権者の同意が必要となり、仮に親権者の同意無しで未成年が契約を行った場合は未成年者自身或いは親権者が取り消すことが出来るとされているのです。

ここで疑問となるのがカードローンによって借りたお金を返すべきかどうかです。

これに関しても民法によって定められていますがざっくりといえば返せるものがなければ返さなくて良いとされています。

つまり借りたお金を全て何かに使ってしまった場合はお金を返す必要はないということになります。

但し、裁判で闘うような事になれば場合によっては返さなければいけないかもしれません。

これに関してはかなりグレーな部分と言えます。

どちらにしても金融機関にとっては貸し倒れのリスクがあるわけですから、未成年者の貸し付けは基本的にお断りしているというわけです。

ですが未成年でも結婚すれば成人扱いとなりますので、未成年という理由で契約を取り消すことはできなくなります。

中小の学生ローンよりも大手が安心

カードローンは扱う金融機関によって審査基準が異なります。

基本的には銀行は厳しく消費者金融は通りやすいと言われています。

そして消費者金融の中でも中小の消費者金融はかなり甘いところが多いです。

今すぐお金が必要といった急いでいる時こそ審査が緩い金融機関のほうが助かるでしょう。

ですが中小の消費者金融の中には悪質な業者が紛れ込んでいるため、基本的に利用はNGといえます。

もちろん中小の消費者金融全部が悪質というわけではないのですが、その可能性が高いため無理して中小を選ぶ必要はないということです。

大手消費者金融なら銀行の傘下に入っているところが多いので安心して利用できます。

安心してカードローンを利用したいのであれば大手消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

銀行カードローンは学生NGなところも多い。

今すぐお金が必要となった時、消費者金融が良いのかそれとも銀行が良いのか迷う方は多いのではないでしょうか?

働いて安定収入がある社会人であればどちらで借りるのも問題はないですが、学生に限っては消費者金融を選ぶほうが良いです。

と言うのも、銀行は審査基準が厳しいため正社員以外で審査に通るのはかなり難しいです。

更に、学生の申し込みを不可としている銀行が多いのでそもそも利用できない銀行が非常に多いです。

また銀行は申し込みから借り入れができるようになるまで時間がかかりますので、今すぐお金が必要という時には正直向いていません。

アイフル
アイフル   公式サイトはこちら
 

 - こんな人はお金借りれるの?