お金借りる!即日で今すぐお金が必要な時は?

今すぐお金が必要で即日お金借りる場合、一体どのようにして借りればいいのか?また、今すぐお金が必要な時の対処法や解決策についてもまとめてみました。

カードローンの審査の時に、収入証明不要で大丈夫なのは?

   

cardloan5
カードローンやキャッシングの申し込み時に、申込書の他にも提出しなければいけない書類があります。
1つは本人確認書類、そしてもう1つが収入証明書です。
本人確認書類はどの金融業者でも必ず提出しなければいけない必要書類ですが、収入証明書は実はそうではありません。
本人確認書類は必須でも収入証明書は提出しないでも融資を受けることが可能です。
ではどのような時であれば収入証明書不要でお金を借りれるのでしょうか?
今回は収入証明書不要になる条件について解説していきたいと思います。

そもそも収入証明書って何?

収入証明書は所得証明書とも呼ばれ、その名の通り自身の収入を公的に証明する書類のことです。
収入証明書として認められている書類は金融業者によって微妙に違います。
しかし大体は、「源泉徴収票」「給与明細書」「課税証明書」「確定申告書」が収入証明書として共通で認められています。
給与所得書であれば源泉徴収票もしくは給与明細書がメジャーでしょう。
個人事業主や自営業者であれば課税証明書若しくは確定申告書となりますね。

運転免許証や健康保険証は普段から持ち歩いている方も多いように、準備には特に困ることのない書類ですから提出は簡単といえるでしょう。
しかし収入証明書となるとそうもいきません。
給与明細書や源泉徴収票を無くさず保管している人は意外と少ないのではないでしょうか?
今月の給料を確認したらすぐに捨ててしまう方は多いはず。
ですから提出するとなると再発行しなければいけませんから面倒ですよね。

基本的にカードローンやキャッシングは収入証明書不要で手続きが可能です。
では逆にどのような時に収入証明書は必要になるのか見ていきましょう。

カードローンで収入証明不要の条件は?

銀行も消費者金融も営利を目的に貸付業務を行なっていますので、利用者が返済できる額までしか貸付しません。
利用者の返済能力を判断するのに必要となるのが本人の収入です。
収入額は申込時に自己申告しますが、中には嘘を付く方もいますので正直信憑性がありません。
ですから収入証明書の提出が求められます。
また収入証明書が必要になるのは総量規制が導入されたことで提出が義務付けられてことも関係しています。

しかし収入証明書の提出が義務とは言っても、必ず提出しなければいけないわけではありません。
消費者金融も銀行も借入限度額によって収入証明書の有無が決められています。

消費者金融の場合は総量規制によって収入証明書提出が必要となる借入限度額の金額が決まっています。
1社から50万円以上の借り入れをする場合もしくは、他社借入額と合算して100万円を超える場合に収入証明書が必要となります。
10万円だえ借りたいという場合は収入証明書不要ですが、51万円以上借りたいという場合は必要ということになります。
更に1社から30万円の借入限度額を希望した場合でも、他社で既に80万円の借り入れをしている場合は収入証明書を
提出しなければいけません。

銀行の場合は総量規制の対象になりませんので、銀行独自に収入証明書提出條件を決めることが出来ます。
多くの銀行は借入限度額が100万円~200万円までは主入証明書不要で借りることが可能です。
まとまった資金が必要で収入証明書が用意できないという場合は銀行で借りるのが良いでしょう。
中には500万円や800万円まで収入証明書不要な銀行もあります。

但し消費者金融でも銀行でも金額に関係なく収入証明書は必ず提出しないと融資しないところもありますので、申し込みする前にかならず確認するようにしましょう。

個人事業主は収入証明は必ず提出

個人事業主の方はどの金融業者に申込んでも、また申込金額がいくらであっても収入証明書は必ず提出すると思ったほうが良いです、
一般会社員とは違って個人事業主の場合、収入を確認することが出来ません。
会社員なら務めている企業が分かれば大体の収入額は分かりますが、個人事業主だとそうもいきません。
ですから収入証明書は必ず用意してから申し込むようにしましょう。

総合ランキング  

 - お金を借りる疑問!