お金借りる!即日で今すぐお金が必要な時は?

今すぐお金が必要で即日お金借りる場合、一体どのようにして借りればいいのか?また、今すぐお金が必要な時の対処法や解決策についてもまとめてみました。

総量規制とは?対象となるのは?例外はある?

   

カードローンに申し込む上で利用限度額がいくらになるのかは誰もが気になる部分かと思います。

ご存じの方も多いように利用限度額は金融機関の審査によって決まりますが、実はそれが全てというわけではありません。

実は総量規制という法律によって個人の利用限度額の上限金額が決まっているのです。

今すぐお金が必要となり何も知らずに申し込んだら希望した金額を借りれなかったということにもなりかねません。

ここでは総量規制とは何か。対象になる業者例外になる業者は何処なのかについて解説していきたいと思います。

総量規制とはどんな法律なのか?

総量規制とは貸金業法によって定められている規制で、個人が借り入れできる上限金額を年収の3分の1までに制限するものです。

間違えて認識されている方も多いのですが、上限金額は一社からの借り入れ金額ではなく全ての借り入れ金額を合算した金額となります。

例えば年収300万円の人でされば借り入れ可能な上限金額は100万円までとなります。

ですが既にA社から60万円、B社から40万円お金を借りている場合は、これ以上の金額を借りることは出来ないのです。

総量規制が適用されるのはどんな金融業者?

では具体的にどのような業者が総量規制の対象となるのでしょうか?

実は総量規制はどのカードローンでも対象となる訳ではなく決まっているのです。

カードローンの系統は運営母体によって分かれており、その中で総量規制の対象となるのは消費者金融系のカードローン、百貨店などが発行するクレジットカードに付随するカードローン、信用販売会社が扱う信販系カードローンです。

クレジットカードをお持ちの方は多いかと思いますが、それにキャッシング枠が付随しているのであれば総量規制の対象となります。

ですからカードローンに申し込む際はお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付随していないか一度確認しておいたほうが良いです。

但し、クレジットカードのキャッシング枠は実際に借り入れしていないと総量規制の対象となりません。

例えば年収300万円の人がキャッシング枠50万円のクレジットカードを持っていても、キャッシングを一切していなければカードローンで借りれる上限金額は100万円ということになります。

以上のように総量規制の対象となるカードローンに申し込む際は、自分の年収がいくらなのか正確に把握しておく必要があります。

今すぐお金が必要となった時、借り入れ希望する金額が年収3分の1以上であれば総量規制の対象となるカードローンでは目的が果たせません。

ですからそのような場合は総量規制の対象外となるカードローンを利用するようにしなければいけません。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

総量規制は主に貸金業者からの借り入れが対象となります。

ですから銀行などが取扱うカードローンは総量規制の対象外となります。

銀行カードローンは消費者金融に比べると審査が厳しいですが、年収3分の1以上のお金を借りる場合は銀行カードローンを見当すると良いでしょう。

但し、手続きに時間がかかる銀行カードローンも多いですから今すぐお金が必要な場合は注意が必要です。

銀行でも即日融資に対応しているところがありますので今すぐお金が必要なときは即日融資に対応した銀行を選ぶと良いです。

総量規制には対象除外や例外となる事項があります。

住宅ローン、自動車ローン、高額医療費の貸し付け、有価証券を担保とする借り入れは総量規制の対象外となります。

緊急の医療費や社会通念上今すぐお金が必要と認められる費用を支払いするためという場合は例外として借り入れが可能となります。

またおまとめローンも総量規制の例外にあてはまります。

専業主婦による配偶者貸付も総量規制の例外措置となります。

カードローンは本人に収入がないと利用できませんが、配偶者に安定収入があれば利用が認められるのです。

アイフル
アイフル   公式サイトはこちら
 

 - お金を借りる疑問!