お金借りる!即日で今すぐお金が必要な時は?

今すぐお金が必要で即日お金借りる場合、一体どのようにして借りればいいのか?また、今すぐお金が必要な時の対処法や解決策についてもまとめてみました。

在日外国人でも消費者金融や銀行カードローンで借りれる?

      2017/05/26

cardloan1
在日韓国人や在日朝鮮人、在日アメリカ人など日本には様々な人種の方が沢山いらっしゃいます。
カードローンは日本国籍の方でないと利用できないと思っている方も多いようですがそんな事はありません。
在日外国人の方でも条件をクリアしていればカードローンを利用することが出来ます。

在日外国人の利用条件は?

在日外国人がカードローンを利用できるのは永住権や永住許可を受けている方となります。
また日本語能力も問われます。
日本語が話せないと契約内容を理解できませんので、これは当然のことですね。
申し込み時に必要となる書類は「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」となります。

基本的には上記3つの条件をクリアしていればカードローンを利用することが出来ます。
但し金融機関ごとに利用条件は異なりますので、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。
例えばある大手消費者金融は、申し込み時に必要な書類は運転免許証だけでもOKとしています。
このように利用条件は違いますので、申し込み前に必ず確認することです。

在日外国人だと審査は厳しくなる?

在日外国人の場合、日本人よりもカードローンの審査は厳しくなると言われています。
その理由は、「外国籍の人は何か問題があった場合、自国に帰ってしまう恐れがある」からです。
金融機関が最も恐れるのは貸しつけたお金を回収できないことですから、これはあたり前のことといえます。
そのようなリス
クを避けるためにも審査は厳しく見ているようです。

在日外国人は銀行ではお金を借りれない?

在日外国人が借りれるのはせいぜい審査の甘い中小のサラ金や、大手の消費者金融までと思っている方もいるかもしれません。
銀行なんて以ての外、そう思っている方は多いのではないでしょうか?
確かに銀行の融資審査は厳しいですから在日外国人の方にはどことなくハードルが高そうなイメージがありますよね。
ですが在日外国人であっても銀行カードローンを利用することは可能です。
きちんと審査を受け返済能力と信用力に問題がないと判断されればお金を借りることが出来ます。
但し、銀行全てが貸付OKとしているわけではないのでその点は注意しましょう。

銀行カードローンは低金利でキャッシングが可能ですから、非常に魅力的といえます。
支払い時の利息負担を軽減できるのは誰にとってもメリットと言えます。
ただ銀行は低金利で貸し付けるため、その分審査はかなり厳しく見られます。
これは在日外国人に限ったことではありません。

確かに低金利で借りれるのは非常に魅力的ではあります。
しかし低金利の旨味を実感できるのは高額な借り入れをする時であり、少額の借入の場合は正直そこまで差は出ません。

カードローンは担保も保証人も不要で借りることが出来、これは利用者にとっては大きなメリットと言えます。
担保も保証人も用意しなくて良いわけですから、気軽に利用することが出来ます。

しかしお金を貸す側からすれば大きなリスクと言えます。
何故なら支払いを履行してもらえなかったとしても、担保を売却したり保証人に催促することが出来ませんので大損する可能性があるからです。

金融機関にとってカードローンにはこのようなリスクがあるため、初回は少額の貸付でスタートすることが多いです。
万が一返済不能になった場合でもそのリスクを最小限に抑えられるからです。

もちろんその後の利用状況によっては増額も可能ですが、増額するにも1年以上の期間を要します。
カードローンの初回限度額は大体10万円~30万円前後が相場です。

リスクの高い在日外国人ですと10万円前後だと思ったほうが良いかもしれません。
このような少額の借入の場合、金利は高くても低くでも正直そこまで差は出ません。

であれば審査ハードルの高い銀行に無理に申し込みせず、借りれる可能性が高い大手消費者金融を選ぶほうが良いかと思います。
銀行ほど審査基準は厳しくありませんし、対応も早いので即日でお金を借りることも可能です。

少額の借り入れを希望するのであれば利便性の高い大手消費者金融を選ぶと良いかもしれませんよ。

アイフル
アイフル   公式サイトはこちら
 

 - こんな人はお金借りれるの?